ガスコンロ買い替え時期は10年が目安!使い方によってはガス漏れも?!

03

ガスコンロがそろそろ古くなってきた。

あるいはガスコンロの火が中々着火しないようになってきた。

もしくは、ガスコンロの周りにある金属部分が 腐食してきて掃除が大変なで見苦しい。

ガスコンロがこんな状態になっていませんか?

入念な掃除なんて、やっても1年に一回のレベルですよね?

そんな状態で10年程は経過しているのではないでしょうか?

10年使用していれば買い替えを検討して良い頃です。

ガスコンロのパーツが古くなっているだけでは?と思われるかもしれません。

しかし、腐食というものは思った以上に進んいることが多く、気づいた頃にはパーツの交換で済まないことが多いです。腐食が進んでいる場合は ガス漏れの心配があります。

誤った掃除方法が火災を引き起こす?

10年も利用していれば、純粋に経年劣化だけではなく、色々と腐食の原因が重なってきます。

例えば、中でも「誤った掃除方法が原因で就寝中に火災が発生した」という事件は衝撃的です。

その火災は、ある共同住宅の台所で発生しました。
午前5時半頃に家人が目を覚ますと、台所のガスコンロから炎が出ていた。

この火災により、ガスコンロ周辺の物品、レンジフード、エアコンが焼損しました。

引用元:ガスコンロから漏洩したガスにより出火した事案 -誤った掃除方法が火災を引き起こした-

http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/information/anzen/201012.html

この事件では物損で済みましたが、就寝中に火事という事件は、運が悪ければ一家全員が死んでいてもおかしくなかったでしょう。

この家族のコンロの使い方がわかったのでしょうか?よほど汚していたのでしょうか?

いいえ、この家庭ではガスコンロで料理は作っておらず、ガスコンロに汚れはほとんどなかったとのことです。

衝撃なのは、この火災の原因が掃除方法にあったことです。

今回の火災の原因となったガスコンロの腐食を引き起こした要因に、
1、製造メーカーの推奨する洗剤を使用しなかったこと。
2、洗剤に記載された使用方法に従わず、使用後、水拭きをしなかったこと。
の2点が挙げられます。

・・

・・・

1、製造メーカーの推奨する洗剤を使用しなかったこと。

メーカーの推奨する洗剤を使っている人はどのぐらいいるのでしょうか。私はそんなことを意識して掃除したことないです。

2、洗剤に記載された使用方法に従わず、使用後、水拭きをしなかったこと。

コンロの使用後に水拭きする、こまめな人はそうはいないでしょう。

このように、普通の使い方をしていれば少しずつコンロは劣化していくものなのです。

「ガスコンロ 腐食」で画像を検索すると腐食に関する事例が沢山でてきます。

https://blogs.yahoo.co.jp/edokakka/51631171.html

珍しいことではありません。火災はすべてを奪い去ります。

それを防ぐためにも10年を目安に買い換えることをおすすめします。

買い替えするなら白いガスコンロ

05_img

ガスコンロを買い換える時に、特にこだわりがなければ同じ型番でよいでしょう。

ただ、思い切って白いコンロを選んでみてはいかがでしょうか。

リニューアル。という意味で、白くておしゃれなガスコンロに買い換えましょう。

DIYとは言いませんが、白というのは光を反射するためにキッチンが明るくなりますよ。

ちなみにガスコンロで白いものは中々見つからないのですが、私が色々と調べてみたところ、 リンナイの「ホワロ」という白いガスコンロが人気で使い勝手が良いことが分かりました。

ホワロの良い点は下記記事でまとめてみたので、興味があればぜひ見てみてください。

http://xn--n8ji21a2a3a72amb8626f664c.com/